食の情報最前線

食の情報最前線

食の情報最前線とは
「食べることは、明日を生きること」 ― これは、私たちNPO法人 食の未来研究所の変わることのないフィロソフィーですが、
このサイトでは、「食」に関する最新のニュースや話題を、コメント等を加えてご紹介するほか、「美味しいお店とメニュー」や
「ためになる食材用語集」なども加え、幅広く「食」を中心とした情報を型にはまることなく発信していきたいと思っています。
食の未来研究所のサイトがメインディッシュであるならば、こちらはオードブルもしくはデザート的な感覚でお読みいただき、
よろしければ食後の感想などもお聞かせいただければと考えていますので、よろしくお願いいたします。
最新の投稿記事は、エントリーから。また、過去の記事は下の各カテゴリーに収納している他、関心のある単語での記事
検索もできますので、どうぞご利用ください。

大阪とらふぐの会

ヒト知るぞ知る・・・の会員制のふぐ料理屋さん「大阪とらふぐの会」が東京店をオープン。 会員の紹介が無ければ、お店に予約入れることは出来ない。 もっとも、電話番号は完全な非公開だから、連絡の取りようが無いのだが・・。 &n [...]

3月も折り返しを迎え、日差しも柔らかく、春の気配を感じさせます。季節の変わり目ですし、新年度に向けて体力も免疫力も高めたいものです。そこで体を丈夫にする牛肉をたっぷり食べられるステーキと万能調味料のお醤油を紹介します。 [...]

 日差しも強く、気温も高くなってきましたね。ちょっとバテ気味かも…と感じている方、夏野菜、しっかり摂れていますか?    過去にラジオで、若山博士が料亭「有栖川清水」の夏の懐石の中の夏野菜を使った [...]

The famous Sichuan cuisine   鶏のから揚げを大量の唐辛子と花山椒と炒めた 四川料理の定番「辣子鶏」を頂いた。 かの昔、毎年のように共同研究で四川省に通っていた時から 大好きな料理だ。 [...]

The boiled snow crab 大阪の割烹のぐちで、蟹をいただいた。 蟹は石川県の黄金がに。 紅ズワイガニと松葉ガニから生まれる黄金がに。 希少価値のあるこの蟹を、丸ごといただく贅沢、 プリプリの身が口の中で踊 [...]

  銀座ふくいさ で「ハマグリのお吸い物」を頂いた。 早掘りの竹の子と菜の花が添えられている。 椀の蓋を開けるだけで春をしっかりと感じられる。 一口すれば、滋味深い潮の香と春の土の香が フワーッと口いっぱいに広 [...]

  イタリアンのギタローの前菜で 「浜松産マッシュルームのガーリック焼き」を頂いた。 出された小さな鉄鍋がクツクツとオリーブオイルで満たされている。 フーフーと一口すれば、パーッとガーリックの香りと旨み。 その [...]

  羽田空港第一ターミナルの搭乗口14番以降の場所にあるISETAN 。 通る度に気になっていた案内・・・。 「プレミアム生クリームソフト」500円。 生クリームという表現と、値段の高さで、涎が・・・。 いつか [...]

サンフランシスコから車で約2時間のところにあるスキーリゾートとして 有名な街。近くにはタホ湖がある。この小さな町の街角にある 「Bar of America」で「18オンス リブアイステーキ」を頂いた。 アメリカではステ [...]

  鱧(ハモ)は梅雨の水を飲んで旨くなるという。 大阪『のぐち』の大将が、「でもね、梅雨前の今でも 脂の乗る前で美味しいんですよ」と説明してくれた。   カウンター越しに骨切りしたばかりの鱧を 出汁を [...]

« 前のページ  次ページへ »

カレンダー

2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930