11月上旬に若山博士のミニ講演会「元気がでる食べかた」を
奈良県の富雄で開催しましたが、奈良は東京よりも
一足先に紅葉が始まっているな~という印象でした。

最近は、東京でも街のあちこちで紅葉が見られ、
待ちに待ったシーズン到来ですね!

さて、そんな秋を感じる中、今週の博士は珍しい天ぷらを
Facebookでアップし、たくさんの反響がありました。

その天ぷらの正体とは・・・??

——————————————————-
(11月14日 若山博士Facebook投稿より)

の天ぷらを頂いた。

口に含めば、秋の香りというか、
ホックリと甘い秋の旨みが口に広がる。

揚げてあるからだろう・・・その旨みが凝縮されている。
…ちょっと、塩を付ければ、その甘みが、さらに引き立つ。

この・・・、単に揚げたのでは、
この甘みと旨みは出ないのだと、大将が言う。

ちょっと甘めの出汁で下ごしらえをするのだそうだ。
天ぷらも、奥が深い・・・。
——————————————————

の天ぷら”があるのですね。知りませんでした。
栗と言うと、モンブランや甘露煮など甘~いお菓子を
すぐに連想してしまいますが、この栗の天ぷら、
お塩をちょっとつけていただいてみたいですね!