カテゴリー別アーカイブ: 海藻・海藻加工品

海藻・海藻加工品

海ブドウ

海ブドウ 産地と属性 熱帯・亜熱帯地方でとれる海藻の一種。 正式には「クビレヅタ」といい、漢字では「括れ蔦」と書く。 原産地は沖縄県で、おもな産地も同様。 葉の両側に緑の粒(2、3㎜程度の大きさで半透明)がついた形が果物 … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

寒天

寒天 産地と属性 テングサ科の紅藻(こうそう)類の加工品。 テングサは、一般的には紅紫色だが、日なたに干して白色に退色したものを乾燥させると、寒天の原料となる。ところてんの材料と同じで、ところてんから粘質物を抽出し、固め … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

コンブ

コンブ 産地と属性 コンブ科コンブ目に属する海藻。 昆布は北海道を中心に東北の三陸海岸沖に分布している。天然の昆布の生産の95%は、北海道が占める。 栄養成分の働き 海藻にしか含まれないヨードは、甲状腺の分泌を促し、心臓 … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

テングサ

テングサ 産地と属性 紅藻類テングサ属の海藻の総称。 代表種である「マクサ」、マクサより少し太めの「オバクサ」、輸入ものが多い「オゴノリ」などが含まれる。 いずれも濃紅色で、先端が細かく枝分かれした形状。 漢字では「天草 … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

のり(海苔)

のり(海苔) 産地と属性 一般にのりといわれているのは、「アマノリ」のこと。日本近海に、約20種類ある。 ほとんどが養殖だが。のりは育った海によって風味や性質が異なる。 歴史も古く、朝廷への税金として献上されのりは高値で … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

ヒジキ

ヒジキ 産地と属性 「米ひじき」、「姫ひじき」とも呼ばれ、ひじきの葉の部分をさす。茎ひじきや芽ひじきなどもある。 天然ひじきとしては、長崎、千葉、三重の各県が有名。中国や韓国からの輸入品には養殖されたものが多い。 カルシ … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

めかぶ

めかぶ 産地と属性 めかぶ(和布蕪)は、わかめの根元にある肉厚のひだ状の部分で、わかめの生殖細胞が集まった部位。 岩手県と宮城県の2県で全国の生産高の70%近くを占めており、輸入物は、おもに韓国、中国産。旬は3月ごろ。ぬ … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

モズク

モズク 産地と属性 褐藻(かっそう)に分類される。 漢字では、「水雲」、「海雲」、「藻付」などと書く。 中部以南の太平洋と日本海沿岸、瀬戸内海沿岸に分布する。 暗褐色で粘性があり、やわらかい。 本州で収穫されるイワヅタ科 … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |

ワカメ

ワカメ 産地と属性 流通しているのは生ワカメ、干しワカメ、塩蔵ワカメの3種類。生ワカメは直接海から刈り取られたものではなく、一度湯通ししたもの。産地は北海道から九州まで広域だが、鳴門海峡産の鳴門ワカメ、三陸産の岩手ワカメ … 続きを読む

カテゴリー: 海藻・海藻加工品 |