レンコン

レンコン

産地と属性

ハスの地下茎の先端部が肥大したもので、冬から春先にかけて収穫される。原産地は、中国、エジプト、インドといわれている。日本へ渡来したのは鎌倉時代で、おもに観賞用として花を育てていた。食用に栽培されはじめたのは、明治以降からである。
レンコンを切ると、10個ほどの穴があいている。この独特の形を「見通しがきく」といって、おめでたい席の料理に縁起物として使われる。また、利尿作用が強いので、膀胱炎にも有効といわれ、熱を加えずに皮ごとすりおろして絞り汁を飲むとよい。旬は2~3月。

栄養成分の働き

主成分は炭水化物。タンパク質、ミネラルは少ないが、ビタミンCは豊富である。Cはタンパク質とともに働き、コラーゲンの生成を促し、粘膜を丈夫に保つ働きがあり、風邪の予防にも効果的である。また、切ったときに出る粘りけのある成分は、ムチンという糖タンパクの一種。ムチンはたんぱく質や脂肪の消化・吸収を助け、胃腸の粘膜を保護する働きをもっている。ほかにも、消炎作用や収れん作用のあるタンニンという成分を含み、胃の負担を軽減し、疲れた胃腸のトラブル解消に役立つ。タンニンには血圧降下作用、止血作用、抗酸化作用も期待できる。

栄養成分

炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンC、鉄、カリウム、食物繊維、タンニン、カルシウム

注意点

切ったままにしておくと、酸化して変色してしまうので、切ったらすぐ酢水にさらすとよい。
日もちしないので、早めに食べきること。
鉄鍋と接触すると青紫色になるので、注意すること。
ゆでるときに時間をかけすぎると豊富な栄養素が流れ出てしまうので、さっとにする。
一度に食べすぎると胃腸に負担がかかるので、熱があり、便秘をする人は控えたほうがよい。

ポイント

切り口が新しくて傷がなく、茶色に変色していないものを選ぶとよい。
節と節との間が長くて太く、穴が小さいものが良質である。
漂白したものは避ける。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ