リンゴ

リンゴ

産地と属性

バラ科の落葉高木樹。原産地は、中央アジア。
日本の産地は、青森、長野、岩手。旬は、秋。日本では明治時代から栽培が始まった。
日本の生産は世界第9位。

栄養成分の働き

食物繊維のペクチンが、胃腸の調子を整え、下痢や便秘の症状の改善を助ける。カリウムは、血中のコレステロール値ヤ血圧を下げたり、体内に入った添加物など有害物質を排泄したりするのを助ける。赤色のもとであるアントシアニンは老化のもとといわれる活性酸素を排除するのを助ける。

栄養成分

カリウム、リン、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維

注意点

ビタミンC破壊酵素を含むため、他の野菜や果物とジュースにするさいには、レモン果汁などを加える。レモン果汁が、破壊酵素の働きを抑える。

ポイント

食物繊維のペクチンは、果実より皮に多く含まれるので、よく洗って皮ごと食べる。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ