モロヘイヤ

モロヘイヤ

産地と属性

シナノキ科ツナソ属。原産は、エジプト。
日本での産地は沖縄、群馬。旬は7月~10月。
エジプトでは5000年以上前から一般家庭で食されてきた。
日本では、1980年代から普及され始めた。

栄養成分の働き

カルシウムの含有量が特に多い。カルシウムは、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症の予防に役立つ。神経を鎮める作用もあり、イライラなどストレスの緩和を助ける。
カリウムも豊富に含まれ、余分な塩分を排出することで高血圧の予防を助ける。
カロテンは血管などの粘膜を丈夫にし、細胞の老化を防ぐのに役立つ。
若返りのビタミンといわれるビタミンEは、抗酸化作用でガンを予防するのに役立つ。
ネバネバの成分ムチンは、血糖値の上昇を抑制する作用をし、糖尿病予防に役立つ。

栄養成分

カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、,ビタミンC、ビタミンE、食物繊維

注意点

カルシウムの吸収を妨げるシュウ酸も多く含まれているので、食べ過ぎないよう注意を。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ