パセリ

パセリ

産地と属性

南イタリア、アルジェリア。
日本の産地は、千葉県、長野県、静岡県。
旬は、1月~2月。日本へは、江戸時代に、オランダから長崎に持ち込まれたのが最初とされる。
80%以上が国内で栽培されている。

栄養成分の働き

カロテン、ビタミンC,ビタミンE,ミネラルを豊富に含む。
豊富に含まれているカロテンは、過酸化脂質を抑制する働きがあり、動脈硬化を予防するのを助ける。
ビタミンCは、ウィルスなどの感染に対する免疫力を強化したり、体内の酸化を抑制し、ガンや老化の予防に役立つ。
パセリの香りの成分は、腸内の有害なバクテリアに繁殖を防ぎ、消化吸収をよくするのを助ける。
ピネン、アピオールという成分は、口臭予防にも役立つ。

栄養成分

カリウム、カルシウム、鉄、カロテン、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維

注意点

発汗作用が強いので、汗かきの人は控えめにとったほうがよい。

ポイント

リンゴなどと一緒にジュースにすると一度にたくさんの量をとることができる。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ