アサイー

アサイー

産地と属性

ヤシ科エウテルペ属で、原産はブラジル。ブラジルの熱帯雨林で太陽の強い日ざしを吸収して育った果物。
2002年頃からアメリカで最初に注目され始め、日本でも2~3年前から輸入が始まり人気が高まりつつある。
 

栄養成分の働き

ビタミンCは、レモンの3倍を含む。ビタミンCは、皮膚や血管を強くするのを助け、シミの原因であるメラニンの生成を抑制するため美肌を保つのに役立つ。ビタミンEは、体が酸化して老化するのを防ぐ助けをする。
カルシウムは、牛乳の2倍を含んでおり、骨や歯を丈夫にし、イライラの解消を助ける。
豊富なポリフェノールは、体内の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化といった心臓病の予防や老化防止に役立つ。
 

栄養成分

ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、リン、亜鉛、食物繊維。
 

注意点

アサイーの果実は酸化しやすいので、すぐに食べない場合は48時間以内に冷凍をする。
 
カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ