ノビル

ノビル

産地と属性

ユリ科ネギ属の多年草。漢字では「野蒜」と書く。
原産地は日本、中国、朝鮮半島など。
東アジア一帯に分布する。日本では、北海道から沖縄までの、野原や土手などに自生する。
旬は4月~6月。
おもに根が食用とされ、見た目はニラに似ており、タマネギのような香りと辛味がある。
名前の由来は、「野に生える蒜(ひる)」から。

栄養成分の働き

食物繊維が豊富で、便秘の改善に働くほか、腸内環境を整えるので、大腸がんの予防に役立つといわれている。
カリウムを多く含み、細胞を健康に保ち、血圧を調整して、高血圧症を防ぐなど、健康な状態を維持する。
カルシウムを含み、丈夫な骨や歯の形成に役立つ。
ビタミンCを含んでおり、 体内のたんぱく質「コラーゲン」の生成を助け、皮ふや粘膜の健康を維持するのに役立つ。また、抗ストレス作用をもち、精神状態の安定にも有効。
ビタミンAを含み、成長の促進や美肌に役立つ。また、視覚機能の維持や、粘膜を細菌から守る働きも備える。

栄養成分

食物繊維、たんぱく質、カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、リン、マグネシウム、鉄など

注意点

収穫してから時間の経過とともに辛みが強くなるので、早めに食べるようにする。

ポイント

生で食べるほか、みそ汁の具にも向く。根の部分を、生のままみそをつけたり、天ぷらにしてもおいしい。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ