トマト

トマト

産地と属性

ナス科の野菜で、原産地が南米ペルー。
日本の産地は、熊本、千葉、北海道など。旬は、夏。
日本へは江戸時代に伝えられ、当時は鑑賞用として用いられていた。
食用となったのは、明治時代以降。当時はにおいが好まれず、現在のように普及したのは大正時代以降。

栄養成分の働き

豊富なビタミンCは、細胞同士をつなぐコラーゲンをつくり、血管を丈夫にするのを助ける。
カリウムは、血中の塩分を排出するので、高血圧の改善に役立つ。
食物繊維の整腸作用で便秘の改善にも。
カロテンのひとつであり、トマトの赤色の色素リコピンは活性酸素を除去するのを助け、老化やガンの予防に役立つ。

栄養成分

カリウム、カロテン、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンC、食物繊維

注意点

高温に強く低温に弱いのが特徴。冷やしすぎないように注意。10度前後で保存を。

ポイント

旬の時期にたくさん買った場合は、熱湯にさっとくぐらせてから、冷水で冷まして皮をむき、冷凍保存を。ジュース、ソース、煮込みなどに活用。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ