タマネギ

タマネギ

産地と属性

原産地は中央アジア。日本への渡来は江戸時代。
旬は4と10月の2回。

栄養成分の働き

切った時に鼻などの粘膜を刺激して涙を止まらなくさせるのは、香味と辛味成分であるアリシンによるもの。
アリシンには強い殺菌作用があるので、体内に侵入したウィルスに対して免疫力をアップさせるのを助ける。
独特の香りが食欲を増進させ、ビタミンB1の吸収率をアップさせるので、新陳代謝が活発になることで、体に活力が満ち、体力増進をさせ、夏バテの改善に役立つ。
また、上記の組み合わせによって脳を活性化させるので、集中力が低下してボウっとした状態の改善に役立つ。
発汗作用がある。血液をサラサラにするのを助け、冷え性の緩和、滋養強壮に役立つ。
皮に含まれる黄色の色素成分のクエルセチンは、高血圧、動脈硬化、血栓症の予防に役立つ。
脳の神経細胞を正常に働かせるので、鎮静作用と精神を安定させる働きをもつため、イライラの解消、不眠症の改善にも役立つ。

栄養成分

ビタミンC、カリウム、グルコキニン、クエルセチン、アリシン

注意点

アリシンは長く水にさらすことや加熱で薬効が弱まるので、調理の際は注意をし、いずれも2分程度にとどめる。

ポイント

あらかじめ冷蔵庫などで冷やすか、濡らした包丁で切ると刺激が軽減する。
皮が乾いてパリッとしているもの、首の細いものを選び、ネットに入れて風通しのよい所で保管する。
豚肉やレバーなど、ビタミンB1を多く含む食材と組み合わせて食べるとよい。

カテゴリー: 野菜類・果実類・穀類   パーマリンク

コメントをどうぞ