タマゴ(鶏卵)

タマゴ(鶏卵)

産地と属性

昔から、病人や乳幼児には欠かせない栄養食品として重宝がられている。
現在売られている卵のほとんどは無精卵で、卵殻が白色の白玉が主流である。このほかにも有色の赤玉、薄赤玉、青色卵などや、地鶏卵(地鶏というブランドのニワトリが産んだ卵や、土の上で育てられたニワトリが産んだ卵)がある。また、雄鶏によって受精された有精卵は流通量が少なく、栄養的にもすぐれていると珍重されている。
卵の重量は卵黄35%、卵白60%、その他が5%くらいであり、1個の重さは40~75gで、SSからLLまでの6段階に区別される。
鶏卵が安価で手に入るのは、ニワトリ1羽当たりの産卵数は年平均280個前後と、安定しているからである。

 

栄養成分の働き

タンパク質のアミノ酸が理想的なバランスで含まれ、その値が食品中最高なので、鶏卵は「完全食品」、とまでいわれている。
吸収性のよい鉄や、リンなども豊富。ビタミンC以外はほとんどのビタミンがそろっており、ビタミンAは粘膜をすこやかにし、視力を保つ。また、B群は糖質、脂肪代謝に必要なビタミンとして体と脳の活力源となり、皮膚や目を丈夫にする。
卵はコレステロールの含有量が多いと敬遠されるが、卵黄に含まれるレシチンという成分には脂肪を溶かす作用があり、血中のコレステロール値を正常に保ち、動脈硬化を予防する働きがある。1日1個は食べるとよい栄養食品。

 

栄養成分

卵殻:炭酸カルシウム
卵白:水分88%、タンパク質
卵黄:タンパク質、脂肪、カルシウム、鉄、ビタミンA・B1・B2・D

 

注意点

卵黄の色は微妙に違うが、それは、ニワトリに与えるえさの違いによるもので、濃いほど栄養価が高いわけではない。

 

ポイント

殻の表面がザラザラしているもの、手に持つと重いものが新鮮で内容が充実している。また、より鮮度を保つために、とがったほうを下にして冷蔵庫に保存する。

 

 

カテゴリー: 畜産品・畜産加工品   パーマリンク

コメントをどうぞ