イワシ

イワシ

産地と属性

日本をはじめ世界各地で漁獲される。
群れて泳ぐため、魚の中で最も水揚げ量が多い。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシが主な種類。
旬の時期は、マイワシが5月から10月。ウルメイワシとカタクチイワシは、5月から8月。

栄養成分の働き

豊富に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳神経組織の活発化を高めたり、血圧を下げたりするのに役立つ。EPA(エイコサペンタエン酸)は、血栓を溶かして、血管を広げる作用があり、脳卒中、高血圧、動脈硬化などの予防を助ける。
カルシウムと、カルシウムの吸収を促すビタミンDも多く、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症の予防にも役立つ。
細胞の再生や皮膚や髪の健康を助けるビタミンB2、血圧を正常に保つのを助けるタウリン、活性酸素から細胞を守り、老化予防を助けるビタミンE、貧血予防に役立つ鉄分など多様な栄養分を豊富に含む。

栄養成分

カルシウム、鉄、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン

注意点

痛みやすいので、新鮮なものを購入し、すぐに調理を。古くなったものを食べると吐き気をもよおしたり、じんましんがでたりする場合も。

カテゴリー: 魚介類・水産加工品   パーマリンク

コメントをどうぞ